ありがとう。

今日みた映画はこれっ

1_20090627225454.jpg


ネタバレはそこまでしないけど
感想は閉じたところで。




エヴァは元々テレビで放映されていたときは、
あたしはまだシンジたちより歳が下でした。
いまやミサトさんたちとのほうが歳が近いという・・・
なんともまぁ・・・そう考えると大人になったな自分。


エヴァはDVD全部もってます!
何回もみてます!
セリフいえます!

ってぐらいよくみていたアニメ。
前回の序も公開日にいってきました。


序では前半はほぼテレビと同じ流れではじまり、
テレビと同じような軸をとりつつ
ちょっと違う複線があったりしながらヤシマ作戦のあたりでおわり

今回の破はその続きから。



のっけから新キャラでてきます。
ちょっとエヴァらしからぬキャラですが、
このキャラが本編にどうかかわってくるかがみものです。

・・・と思っていたけど今回はそこまで重要な役はなさそう。


破は、テレビ版とは演出の仕方がだいぶ違うのが印象的でした。
特に背景!
テレビでは(おそらく時間がなかったため)背景が黒かったり、
また使いまわしとかでやられていたところを
ちゃんとした背景でキャラが動いていてよりわかりやすくなってました。

あと、何年か前にやっていた映画版のほうでは
よく劇中にクラシックの音楽がつかわれていましたが、
今回は邦楽をつかってました。


あとは使徒もテレビ版の容姿とはだいぶ違っているように
感じました。
全て"人"を彷彿させるような本来の姿?があったり・・・
うーいっててよくわからないですね。



あたしはテレビ版では参号機にまつわるあのエピソードは
必ずと言っていいほど泣いてしまうのですが、
映画版で参号機の話になったとき
そのテレビでの一通りの流れが一気に頭にはいってきて
既に涙目wwww
全然泣くシーンじゃないのにいろいろ思い出して泣きそうでしたww
あートウジが!トウジがああああ!ってね

でもそのエピソードは着色されています。
びっくりなほどに。


ちなみに今回の破はテレビ版でいうと第拾九話のあたりまで。
第14使徒のところで、EVA零号機のN2爆弾によるコアへの直接攻撃・・・
最終的に初号機が暴走して殲滅・捕食(テレビ談)のところでおわります。


テレビとは同じようで全然違う話。
次回も目がはなせませんね。


んで。
なんで今日の日記のタイトルはこれかというと・・・

映画みてのおたのしみ。
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ひまわーり | ひなた缶 | しんじんうぇるかむ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ひなた缶 |