初献血・・・からの


痛いの大嫌いなあたしは、注射に対してものすごい恐怖心を抱く反面、
昔から父がよくやっていた献血に対して興味をもっていた。


今回はそんな献血にまつわる日記。







可能な年齢になったからと、
学校から帰る途中にある本厚木献血ルームの前まで行っては
勇気がでずに帰ると繰り返した高校時代。


ハタチになった記念でと、
学校帰りに勇気をふりしぼって新宿東口の有名な献血ルームにいってみたら、
劇的に混んでいて1時間以上待たねばならずバイトに間に合わないので断念したり、
時間に余裕がある時に再チャレンジしてみたら、薬飲んでる人はダメだと言われてできず。



ということで、学生時代に何度かチャレンジしたけれど、結局できずにいました。



注射には相変わらずいい思い出がなく、
健康診断では腕を叩かれ、
注射は失敗してアザになり、
点滴は腕の血管を断念し、結局手の甲に針を刺されるという恐怖体験をうけ、
大人になってからは献血しようという気持ちが遠のいてました。





が、
今年になってフツフツと献血に対しての気持ちが沸き起こり
ついに!!!!





■1回目 新宿東口 200ml

レーシック関連で新宿へ検査に行くついでに、献血ルームに予約しておきました。
本当は成分献血での予約でしたが・・・
検査用の採血をする際に、両方の腕を見た看護師さんが
「血管が細いので、成分は難しいですねぇ・・・」
と言われ、いろいろ粘ってみましたが結局全血(200ml)をやることに。
検査の結果
「男性並みの濃い血液だわ~(ハート)」
と褒められ、数値みたら女性の上限値をギリギリ越えるという値。
生まれてこの方、貧血知らずなんです。

※献血は、検査と本番採血と2回針を刺します
※良い血管の腕を本番用として、逆の腕を検査用として使います


献血用の針は極太という噂なので、当然刺すところは見てないんですが
痛みは想像より全然軽い。
挿すときと抜くときだけ。これならあたしでも耐えられる。
しかも、プロなので針刺しの失敗がない。これがでかい。

暖かいプニプニしたものを手でニギニギしながら、
5分強で終了。あっという間でした。




■2回目 新宿ギフト 血漿

前回から1ヶ月。
献血ができるようになって、かつレーシック関係の検査でまた新宿へw
新宿には献血ルームが、なんと4つもあるのです。
今回も成分献血を予約していきました。

検査時、
「あら、血管が細い」
と前回と同じ流れになりそうだったので、粘って成分にしてもらいましたw
だけど、本番前に腕に暖かいものをまいて、手にはカイロ的なものを握って待ちましたw

成分献血は血を抜いて、必要な成分をのぞいて身体に戻すというやり方。
抜くだけではなく、戻すので血管が細い人には負荷がかかって
時間がかかることが多いらしい。
ちなみに針の太さは、全血と同じ。

CCSという機械で、3サイクル。
何もトラブルがなく順調に終了。40分。




■3回目 新宿東口 血小板

またまたレーシックの(略)で新宿に行くついでに予約。
前回ギフトに行きましたが、東口のほうがやっぱりいいw
飲み物が豊富だし、アイスも食べられるしwww

相変わらずの濃い血なので、検査は全く問題なくクリア。
今回は血小板でやりましょう とのこと。やった~♪

今回はテルシスSという機械。4サイクル。
さて本番・・・のはずが
「血管がシャイなんですね~」と、いいつつ探しとるw
「針を挿せない血管ではないですが、細いので1時間以上かかるかもしれません」
様子見ながら速度を変えて対応する 云々の説明を受けてやっと本番。
結果的に、本当に順調に終わって55分で終了。
今回のニギニギくんは、アンパンマンのゴムボールでしたw




ちなみに、献血すると処遇品がもらえます。
ネカフェ並みにジュースも飲み放題。
新宿東口だと、アイスや菓子パンなどもあります。








なんだかんだで、結構なハイペースで3回。
家の近くには献血ルームがないので、
何かのついでにしかできませんが今後も引き続きやっていきたいと思います。

興味もたれた方、一緒にやりませんか?w

別窓 | 献血 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<小田原 | ひなた缶 | レーシックふたたび>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ひなた缶 |